特定商取引表示記載の不備/悪質競馬予想チェッカー!口コミ情報で悪質競馬予想サイトをチェックしよう!

優良サイトランキングTOP15

アクセスランキング上昇サイト

モバイル版サイトはこちらから

  • 携帯電話は上記にアクセス!

特定商取引表示記載の不備

特定商取引表示記載の情報が足りない

サイト内で課金が発生するサイトは、サイト運営者の情報を運営サイト内に記載することが法律で義務付けられています。

にもかかわらず、情報が不足してる競馬予想会社は多いですね。

悪質競馬予想チェッカーでも確認出来ている限りで、かなりの数の競馬予想会社が情報記載不足になっていると確認しています。
主に多いのが、住所の省略記載です。

例えば東京都渋谷区渋谷1-1-1 ○○ビル1Fに事務所があったとしましょう。
それを、東京都渋谷区渋谷1
もしくは、東京都渋谷区渋谷1-1-1

ひどいものだと、渋谷区渋谷までしか載せないケースもあります。

よっぽど特定されたくないのでしょうか。
電話番号やメールアドレスは、どちらか記載されていればよいのですが、どちらも記載されてないケースもあります。
連絡のとりようがないですね。

代表者、サイト運営責任者も虚偽の担当者名の記載などが横行してるのが実態かと思います。
利用者としてはその名前の人間が実在するのか、コストをかけずに確認する術はほとんどないといってよいと言えるでしょう。

そういった特定商記載不足、利用者目線から見るとそんな予想会社を信用出来るでしょうか?
まずはそういった視点からも、予想サイトの是非判断をしていくことが重要です。

運営者からすると、おそらくは下記のケースで懸念があるため、情報をのせたくないものと思われます。

・利用料金返金対策として、返金連絡を回避したいため
・なるべくは運営側から一方通行的に情報を配信したいため
・不的中の場合の苦情を受け付けたくないため、メールのみにしたい

逆に考えると、記載がしっかりしている会社はその第一関門をクリアし、使えるサイトの判断のハードルを一歩越えているということですね。競馬予想会社の登録の前に、特定商取引表示の記載チェック、こちらを行うことをお勧めいたします。