メールでの情報処理の仕方:競馬予想サイトを効果的に活用するTIPS/悪質競馬予想チェッカー!口コミ情報で悪質競馬予想サイトをチェックしよう!

優良サイトランキングTOP15

アクセスランキング上昇サイト

モバイル版サイトはこちらから

  • 携帯電話は上記にアクセス!

メールでの情報処理の仕方:競馬予想サイトを効果的に活用するTIPS

メールでの情報処理の仕方

競馬予想サイトから送られてくる情報に関しては、メールでの手段が圧倒的に多いと思います。
予想会社の中には、一日に五通以上配信してくる会社から、二~三日に一通と、様々です。

何の気なしに見ていると、相手の(予想サイトの)ペースに乗って、買う必要のなかったレースを参加する羽目にもなりかねません。そのすべての情報を見る必要はありませんが、どのようにして利益につながる情報を取得・見分けていけばよいのでしょうか?

以下の視点から見ていくと目的に沿ったメールを探しやすくなると思います。

・自分の気になるレースがある週のみチェックする
競馬という性質上、毎回的中はあり得ません。ですが、自分が気になっているレースというものは多少なりとも、その内容は把握しているもの。サイト側の予想に対してのジャッジも、普段よりは深い部分で出来ることから、2重にチェックという意味でも精度はあがるものでしょう。

自分でも予想出来るレースに参加する、有名な馬が参加するから予想を買いたい、なんらかの動機づけが出来ているレースであれば、それにひもづけて予想を見てみると良いかなと思います。

勿論、競馬初心者の方はわからないことかと思いますので、そういった時はGⅠ、GⅡだけ参加するなど、重賞中心に展開するということでも良いでしょう。

・サイト側からの特別情報、いつもと違う情報が来てると感じた時
普段と情報の内容が違う場合、サイト側からアピールが強い時があります。
そういった時は買い目が絞られていたり、的中の確率があがっていたりするものです。
買い時を逃さないように、普段からメールタイトルをよく確認しておきましょう。

・いつも出ているキャンペーンが安く提供された時
単純にお得というだけの話ですが、背景には利用者増による価格引き下げが可能になった、という見方も出来なくもありません。
参加してみようと迷っていたあのキャンペーン、評判がよいキャンペーン、価格改定のチャンスに試してみるというのはありだと思います。

・的中が連発している時
無料情報や評価、口コミなどで的中が続いていると散見される場合は、一度参加してみましょう。
その予想サイトは、今が旬なのかもしれません。

的中が続いてる時はそのいい流れのまま、予想を試すことにより同じ流れに乗れる可能性は高いでしょう。

予想会社ごとに得意な時期やレースというものが存在するらしく、情報のルートによるものと予想されますがそこを見極められると非常にリターンが狙いやすいと思います。

もちろん、虚偽の情報開示や書き込みがなされていることも否定は出来ませんので、いくつかの情報源をもって最終的には自分の判断ですることが大事です。

・高額配当を期待出来る予想が案内されている時
競馬予想サイトにより、高配当を謳っている所、的中率を謳っている所、特徴は様々かと思います。
普段から高配当ばかりの狙い目でも、的中率重視の予想を提供するサイトでも、特に高額が狙えるコースというものを設け、提供することがあります。
そういった時で、今までのそのサイトの予想が的中具合によりますが、高額配当情報を試すのはありだと感じます。

一度リターンを大きくしてしまえば、累計収支は大きくプラスになり、その分予想会社への情報料などは暫く賄えることもあり、うまい潮流でプラスの連続にすることが出来ると予想出来ます。

1年以内など比較的短期的に大きな資産を競馬で築くには、ある程度高額の的中もしていかないと数百以上のプラスは作りづらいでしょう。
高額的中専門のサイトではなく、普段から的中重視で当たっている会社の高額配当保障プランなどありましたら、一度試してみてはいかがでしょうか。

・レース前日以前に早めに予想が出ている時
早めに情報提供している予想サイトは、情報ルートが整っているのか早くから特別情報が入ってきているようです。
そういったサイトがあると、複数の競馬予想サイトを登録しているユーザーにとっては非常に助かるのではないでしょうか。

早めに情報が出そろえば、比較対象の幅も広がるというものです。レース直前に3,4つの予想会社の情報を精査する時間も余裕もないはずです。事前情報を出してくれる会社は重宝出来ると思いますので、色々登録して探しておくことは、安定した的中には必要な措置です。

通常、登録して予想を受け取るまではわからないことも多いと思いますので、登録してすぐサポートセンターに聞いてみる、ということが効率的です。
サポートとのやり取りを行うことは相手の温度感や対応を見る上で非常に大事です。その機会も兼ねる、という意識で是非問い合わせをしてみてください。